忍者ブログ
堅実に楽しく生きる毎日の為に出来ること。
 カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 フリーエリア
 最新コメント
 最新トラックバック
 プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
 バーコード
 ブログ内検索
Sat.11/17. 2018
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Sun.06/24. 2007

体型、運動経験により適した運動量は異なる。 痩身目的で運動する人に低強度から中強度の運動が勧められる。それは主に以下のような理由からである。

  • 太り気味あるいは肥満の人はもともと運動が嫌いで運動不足になっている可能性が高いと考えられるため、辛い高強度運動ではモチベーションが継続できない可能性が高い
  • 運動不足の人が突然高強度運動を始めると様々な故障の原因となりやすく危険である

日常的に運動を行っており高強度の運動を行う基礎体力が十分備わっている人が更に減量を行おうとする場合、低中強度の運動は退屈でかえって苦痛であり、また同じ運動時間では高強度運動よりも消費カロリーが少ないので効果が現われにくい。そのような人は痩身のために無理をして低中強度の運動を長時間行う必要はない。

なお、高強度運動によって筋組織のたんぱく質が分解されりことにより生成されたたアミノ酸をエネルギーとして使用するので筋線維が縮小し基礎代謝を下げてしまうといったことも言われるが、これは体内の糖質も中性脂肪も枯渇してしまった極端な飢餓状態での話であり、健康な人が運動する限りにおいてはほとんど問題とならない。通常は、食事によってたんぱく質を十分補えば超回復によって筋線維が強化される効果の方が大きいと考えられる。

(Wikipedia)


豆乳クッキーダイエットで痩身。

PR
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
賢い生活 (c) No Name Ninja
ILLUSTRATION by  nyao
忍者ブログ [PR]